SAIYU INC.(菜友) RECRUITING SITE

02

栄養士さんのお悩みを解決する献立管理システム

スターレシピ

スターレシピは、栄養士さんが、献立作成・発注・調理指示などを一括管理できるネット型の献立管理システム。全国のユーザーと情報共有できる機能をはじめ、栄養士さんの心をわしづかみにするアイデアや仕組みが生まれた背景に迫ります。

一覧へ戻る

栄養士さんの仕事をもっと楽しく!

新規事業開発(栄養士)
2005年入社(オーケーズデリカより出向) | 家政学部卒
足立 菜央美
パソコンが苦手な栄養士さんでも使いやすい「かんたん操作」、全国の栄養士さんと情報の共有ができる「つながる栄養士」、情報の共有によりノウハウをどんどん蓄積し、子供たちの笑顔を増やす献立作りにつなげてもらう「そだてる献立」の3つのコンセプトで作りました。

栄養士さんが楽しく仕事ができるように…

スクールランチシステムの展開を受け、全国各地の自治体を訪問するようになった菜友。持ち前の現場主義を発揮し、栄養士さんの声を親身にヒアリングする中で聞こえてきたのが、共通のお悩みでした。「献立作成に専念したいが、それ以外の仕事が多くて時間がない」「新しく就任したが、献立記録やデータが全然残っておらず仕事が手探り」「職場に栄養士が自分しかおらず、相談できる相手がいない」。今の状況に問題を感じながらも、長年受け継がれてきた体制や環境をどう変えればいいのか見当もつかず、日々、業務に追われている栄養士さんたち。その様子を見て、菜友は全国の栄養士さんを横につなげ、栄養士さんがもっと仕事が楽しくできる環境をつくりたいと感じました。しかし、どのような形で実現させるのか、将来性を見いだせず悶々とする日々。そんな中、現場の栄養士さんから「栄養価計算ソフトをもっと使いやすくして欲しい。」というオファーをもらい、「これだ!」と直感。この栄養価計算ソフトを改良しながら、長年念願だった「栄養士さん同士を横につなぐ」機能も実現するシステム開発をスタートさせました。

ノウハウをつないで献立に生かす

開発にあたってこだわったのは、栄養士さんのリアルな声を取り入れること。そこで、学校給食に3年以上携わった経験豊かな栄養士をプロジェクトに迎え、アドバイスをもらいました。また、全国で活躍している学校給食の栄養士さん10名以上に、今困っていること、もっとこうしたいと思うことを徹底的にヒアリング。その意見を細やかに反映しました。しかし、多くの要望を取り入れた先に待っていたのは、「機能が増えすぎて逆に使い勝手が悪い」という落とし穴。どれも必要に思われ頭を悩ませましたが、給食の現場を構築した経験を活かし、実際の運用を細かくシミュレーションしながら、ようやくシンプルで使いやすく機能に集約しました。一番の注目ポイントは、開発のきっかけにもなった「栄養士さん同士を横につなぐ」機能。お互いの献立情報を共有できる仕組みを取り入れることで、手軽に様々なアイデアやノウハウに触れられる環境も創り出しました。そして、開発スタートから約1年。「栄養士さんたちの仕事をもっと楽しくできたら」と、大きな期待を胸に世に送り出しました。

新しい価値観も生み出したい

現場の生の声を生かしたスターレシピは、現在東京、神奈川、大阪、三重などの自治体で導入され、給食業務をサポートしています。使っている栄養士さんたちからは、「食材の登録にかかる時間がグッと短くなった。参考にできる献立もあるのでレパートリーが増えた」「新規で始める学校給食の献立作成に不安を感じていたが、他の栄養士さんの情報が得られて助かっている」などの声が届き、着実に成果が表れているようです。また、スターレシピは、単に日々の業務を改善するだけでなく、栄養士さんたちが情報共有を行うことで、学校給食への新しい価値観も生みだすツールになっていくと考えています。現在は、より多くの自治体に展開していくため、様々な学校給食の方式に対応したシステムへと機能を拡充中。今後は、栄養士さんだけでなく学校給食に関わるすべての人々が欲しい情報を最適な形で得られるよう、システムをさらに進化させていく予定です。栄養士さんをはじめ、学校給食を支える人々が楽しく仕事できるようサポートし、子供たちに届く給食をもっと良くしていきたい。菜友は、その思いをスターレシピで形にし続けています。

  • スクールランチシステム
  • スターレシピ
  • 給食ひろば

PAGE TOP